果たして過走行車や低年式車は買取は厳しくなってしまうか

果たして過走行車や低年式車は買取は厳しくなってしまうか

車買取を検討している方々は、しばしば不安を覚えています。自分の車の状態に難があるので、果たして売れるのかどうかが心配な方もいらっしゃる訳ですが、それには主に2つの理由があるのですね。車の走行距離と、年式です。
まず前者なのですが、一般的には10万キロという数字が意識される傾向があります。7万キロや8万キロ程度であれば特に問題なく買取をする事ができますが、10万キロなどを超えてしまっていれば買取が難しくなってしまうというイメージをお持ちの方もいらっしゃるのですね。また10万キロオーバーの車は買取は不可能ではなくても、金額が大幅ダウンするというイメージをお持ちの方々も多数見られます。

 

それと年式ですね。大抵の方々は、10年落ちが1つのボーダーラインと考えています。その年式を迎えた車の場合は、買取金額が発生するのは少々困難で、いわゆる有料での引き取り手続きになってしまうのではないと思い込んでいる方もいらっしゃいます。また金額の大幅ダウンを懸念している方も、多数いらっしゃるのですね。

 

このように人々は、車の年式と走行距離に関する不安点を感じている訳です。実際確かに、その2つの要素は車の買取金額を大きく左右します。特に前者の年式などは、やはり買取金額に大きく関わると考えて良いでしょう。

 

実際は悲観的な状況ではない低年式車や過走行車

 

しかし実際の買取データを見てみると、正直それほど悲観的になる必要は無いと思います。車の一括査定サイトなどを見てみると、10年落ちや過走行車などに対する買い取りデータを閲覧する事ができるのですが、有料引き取りにならなかった事例は多数見られるのです。「状態に難があったので売れるかどうかが心配だったものの、結局問題なく買い取ってくれる事ができたのでとても良かったです」などの口コミが投稿されている事も多々あります。

 

それも1件や2件ではありません。相当数のお店における買取事例で、そのようなものが見られるのですね。特に大手の業者などは、過走行車や10年落ち車でも問題なく買い取っている事例が案外と多いです。
ですのでたとえ10年落ちになっていたり、かなり走り込んでいたとしても、正直それほど悲観的になる必要は無いと考えます。かなり年式を重ねている車でも100万円以上の買取額になっている事例もしばしば見られますので、特に気にせずに買取を依頼するスタイルで良いでしょう。

 

ただしお店選びは大切だと思いますね。全てのお店が10年落ちの車を買い取っている訳でも無いので、やはり一括査定などを上手く活用してお店を選ぶ事は必要だと思います。